加齢黄斑変性

[APNG]加齢黄斑変性シミュレーション(中心暗点-ぼやける)

加齢黄斑変性は、網膜のほぼ中心にある黄斑が、加齢により機能障害を起こす病気です。
黄斑以外の視力は保たれますが、見ようとする中心部分がぼやけたり、歪んで見えたりします。
最初は片方の目に発症することが多く、良い方の目で見えない部分を補ってしまうため、なかなか気づきません。

加齢黄斑変性の症状

加齢黄斑変性の症状の現れ方には個人差があり、また病状の進行度合いによって、症状は異なります。
主な症状には、物がゆがんで見える変視症、見たいものがはっきり見えない視力低下見ているものの中心が欠けて見える中心暗点があります。

[IMG]加齢黄斑変性シミュレーション(変視症)

加齢黄斑変性の種類

加齢黄斑変性は、健康な状態では存在しない新生血管と呼ばれる血管の発生によって黄斑に障害が起きる滲出型(しんしゅつがた)と、加齢により徐々に色素上皮細胞が萎縮して働きが悪くなったため、視細胞がこわれていく萎縮型の2つに分類されます。

加齢黄斑変性の治療

薬物療法

滲出型加齢黄斑変性の主流の治療は薬物療法です。
投与は、硝子体内注射でおこないます。
薬の効果を長期間維持するには反復投与が必要になります。

[IMG]硝子体注射-2

光線力学療法(PDT)

光に反応する薬と、通常のレーザー光凝固療法よりも弱い赤外線レーザーを用いた治療です。
新生血管だけを破壊できるので、正常組織への影響を抑え、より副作用の少ない治療法とされています。

[IMG]PDT(光線力学療法)-3