薬物療法(加齢黄斑変性)

[APNG]硝子体注射

加齢黄斑変性の薬物療法として、血管新生阻害剤などの硝子体内注射による投与があります。
血管新生阻害剤は、新生血管ができる原因となる血管内皮細胞増殖因子と呼ばれる蛋白質の働きを阻害して、新生血管ができにくくします。
薬の効果を長期間維持するには、反復投与が必要になります。