白内障

[IMG]皮質白内障シミュレーション-2

白内障とは、カメラのレンズにあたる水晶体という透明な組織が白く濁ってしまう病気です。
外から入ってきた光が散乱して、網膜に映る像がぼんやりとしてしまい、はっきり見えなくなります。
水晶体は一度濁ると、元に戻ることはありませんが、濁った水晶体を取り除く手術によって、視力を取り戻すことが可能です。

白内障の症状

水晶体には神経や血管がないため、白内障では基本的に痛みや充血はありません。
初期の段階では、ほとんど自覚症状はありません。
濃淡を見分ける能力が低下し、すりガラスを通したように霞んで見えることがあります。
進行と共に次第に視力が低下して、物が見えにくくなってきます。
太陽や電灯などの光源を直視していなくても、眩しく感じたりします。

白内障の種類

水晶体の濁り方によって「前嚢下白内障」「皮質白内障」「核白内障」「後嚢下白内障」に分けられます。
発症の原因によって「先天白内障」「加齢白内障」「糖尿病白内障」「アトピー白内障」「ステロイド白内障」などがあります。

白内障の治療

ごく初期の段階では、薬物療法で進行を遅らせる場合もあり、ただ様子を見るだけの場合もあります。
水晶体の濁りが進行し、生活に不便を感じるような場合は、手術で水晶体を取り除き、眼内レンズを挿入します。
手術後は、濁りがなくなるので視力が回復します。

白内障の手術

水晶体乳化吸引術(PEA)

最も一般的な白内障手術です。
水晶体の濁りが進行し、生活に不便を感じるような場合は、手術で水晶体を取り除き、眼内レンズを挿入します。
手術後は、濁りがなくなるので視力が回復します。

眼内レンズ挿入術

水晶体乳化吸引術で水晶体を取り除いた後は、一般的に眼内レンズを挿入します。
ピントを固定した単焦点レンズ、遠くと近くの両方に焦点が合う多焦点レンズ、高齢者の水晶体の色に近い黄色い眼内レンズなどがあります。
最近の手術では、折り畳んだりインジェクターという装置で挿入する為、ソフトレンズが一般的です。

白内障手術後の注意点

手術後数日は入浴・洗顔・洗髪は控えます。
目を圧迫したり、汚したりするのは厳禁です。特に目を擦ったり、目に水が入らないように注意します。
傷口が完全に塞がるまで、目に圧力が加わらないように気を付け、重い物を持ったり、激しい運動は避けます。
決められた内服薬を服用し、点眼薬も決められた回数を守って点眼しましょう。
ずきずきするような目の痛みなど異常を感じたら、すぐに眼科を受診しましょう。

白内障手術の合併症

白内障手術は、外科の中で非常に安全性が高い手術ですが、ごく稀に、手術中や手術後に合併症を起こす事があります。
手術後早期に起こる「眼内炎」「角膜浮腫」「虹彩炎」「眼圧上昇」など。
最も多いのは、手術後数ヶ月あるいは何年後かに起こる「後発白内障」です。

[IMG]後発白内障-1

白内障手術後の生活

単焦点の眼内レンズを挿入した場合、眼鏡が必要になります。眼鏡を作る場合、眼の状態が安定する2週間から約1ヶ月後に作りましょう。
濁りがなくなったためにまぶしく感じる場合は、サングラスをかけます。
物が青みがかって見える「青視症」という症状が出る場合があります。この現象は、次第に慣れると自覚しなくなります。黄色い眼内レンズを挿入して予防することも可能です。

  • 青視症