糖尿病と糖尿病網膜症

[APNG]食物の消化とブドウ糖

糖尿病網膜症の発症は、糖尿病を発病してからの期間が長いほど増加します。
糖尿病網膜症は、いろいろな治療法が開発され、適切な時期に適切な治療を受ければ、失明するような事態をさけることができますが、視覚障害の原因疾患の第二位になっています。
かなり悪化するまで自覚症状が表れないため、眼科検診を中断する人が多く、治療が遅れてしまうからです。
糖尿病になったら、網膜症が始まっているものと考え、定期的な眼科検査を続けましょう。