糖尿病網膜症の自覚症状

[APNG]変視症

糖尿病網膜症は、基本的に重症になるまで自覚症状がありません。
ものを見る中心となる黄斑とよばれる部分に異常がおきる黄斑浮腫などになった場合は、早期でもピントが合わなくなったり、変視症という、ものが歪んで見える自覚症状が現れたりします。
進行すると、黒い影やゴミの様なものが飛んで見える症状や、墨を流したような影が見える事があります。