房水・隅角

房水は、角膜と水晶体の間を循環している液体です。毛様体で作られ、角膜や水晶体などの血管のない組織に栄養を運び、老廃物を受け取って、目の外に排出します。
隅角は、角膜と虹彩が接する部分で、房水の排出口です。
房水は、線維柱帯という網目状のフィルターで濾過されてから、シュレム管という排水管を通って静脈に流れていきます。