ぶどう膜(虹彩・毛様体・脈絡膜)

虹彩は、瞳孔という瞳の穴の大きさを調節しています。
明るい所では瞳孔が小さくなり、暗い所では大きくなります。

虹彩から続く毛様体は、ピント合わせを行う毛様体筋と上皮からできています。チン小帯を通して水晶体の厚みを変えています。

脈絡膜は、毛様体から続く網膜と強膜の間の層です。網膜の外側の層に栄養を与える血管がたくさんあり、暗室効果を作って眼を保護する役割も果たしています。

虹彩、毛様体、脈絡膜は、色素が多くブドウのように見えることから、三つの組織を合わせてぶどう膜と呼びます。