黄班・中心窩

網膜の中心部の黄褐色の部分を黄斑といいます。
黄斑には、網膜のほかの部分より視細胞がたくさんあり、色の識別やものを見分けることに優れています。
黄斑の中でも、特に視細胞が高密度に集中している黄斑の中央を、中心窩といいます。
視細胞の数は、中心窩から離れるにつれて少なくなっていきます。