緑内障の見え方

[APNG]緑内障シミュレーション

緑内障初期には、目の中心をややはずれたところに見えない場所ができます。病気の進行とともに、視野の中心部を迂回して、見えない範囲が広がっていきます。
見えない範囲が広がってきても、反対側の目によって補われるため、異常に気づかないことが多いのです。
末期になると、視野の中心部の映像も脳に送られなくなるので、視力も悪くなり、日常生活に支障を来すようになります。