視野が欠けるしくみ

外から入った光が網膜で像を結ぶと、光の強弱と色によって視細胞で電気信号が発生し、視神経を伝わって脳に伝えられます。
視神経は視神経乳頭という部分で太い1本の束となり、電気信号は、視神経を通って脳に送られ、脳で何を見たのか理解します。
眼圧が高くなると、視神経乳頭の部分から外へ圧力がかかるため、
視神経が傷つきます。傷ついた部分の信号は脳に送られなくなるので、
その部分の像は見えなくなります。