老視(老眼)

水晶体は、水晶体上皮細胞という細胞と、細胞が変化した線維からできています。
水晶体上皮細胞はたえず水晶体線維に変化し、古い線維は次第に中央へ押しやられ、核になります。
核は、年齢とともに硬くなり、水晶体の弾力性も失われていきます。
弾力性が失われて、近くの物を見るためのピント合わせがうまくできなくなる現象が「老視」、いわゆる「老眼」です。