当院について

ごあいさつ

院長 福田敏雅

院長 福田 敏雅(ふくだ としまさ)

「満足度の高い、充実した眼科医療の提供を…」

私たち福田眼科医院は-「ここで治療してよかった」と思っていただける医療を受けたいとき、快適な医療環境を提供できる、そんな診療所をめざしています。

役職

  • 福田眼科医院 院長(眼科専門医)
  • (社)東京都眼科医会 副会長 常任理事
  • (社)日本眼科医会 常任理事
  • 「糖尿病眼合併症を考える会」世話人

所属学会

  • 日本眼科学会
  • 日本糖尿病学会
  • 日本糖尿病眼学会
  • 日本緑内障学会
  • 日本白内障屈折矯正手術学会
  • 日本眼科手術学会
  • 日本網膜硝子体学会
  • 日本弱視斜視学会

院長履歴
1977年 北里大学医学部卒業
1981年 北里大学医学部大学院修了 医学博士号取得
1981年 北里大学医学部眼科学教室助手
1983年 北里大学医学部眼科学教室専任講師
1983年 浜松赤十字病院眼科部長
1984年 東京女子医科大学糖尿病センター入職
1986年 福田眼科医院入職
1988年 福田眼科医院院長就任
1990年 東京都眼科医会理事就任
1998年 東京都眼科医会常任理事就任
2010年 (公社)日本眼科医会理事就任
2012年 (公社)日本眼科医会常任理事就任
2016年 (公社)東京都眼科医会副会長就任

北里大学医学部を卒業後、同大大学院に進みましたが、同時に眼科学教室に入りました。
それから約10年間、大学関連施設で診療、研究、教育に従事し、福田眼科医院に入職してからも、約10年間、週2日、大学で外来と手術を担当致しました。
東京都眼科医会の常任理事になることをきっかけに大学を辞し、以後の20年は福田眼科医院の院長職と公益社団法人東京都眼科医会及び公益社団法人日本眼科医会の理事職を兼務して、今日に至っております。

副院長 福田尚子

副院長 福田 尚子(ふくだ しょうこ)

所属学会

  • 日本眼科学会(眼科専門医)
主な経歴
1985年(昭和60年) 東京女子医科大学 卒業
1985年(昭和60年) 東京女子医科大学 眼科入局
1988年(昭和63年) 東京女子医科大学 眼科助手
1991年(平成03年) 朝霞台中央病院 眼科医長
1992年(平成04年) 東京女子医科大学 眼科助手
1992年(平成04年) 医学博士 修得
1994年(平成06年) 福田眼科医院入職 (副院長)

福田眼科医院の歩み

1925年(大正14年) 福田慎治(初代院長)が福田眼科医院を開院
1961年(昭和36年) 院長急逝により福田静子(2代目院長)が継承
1988年(昭和63年) 福田敏雅(3代目院長)が継承
今日に至る

設備

屈折度測定装置/角膜曲率半径測定装置/眼圧測定装置
屈折度測定装置/角膜曲率半径測定装置/眼圧測定装置

非接触型眼圧計
非接触型眼圧計

角膜形状解析装置
角膜形状解析装置

動的視野計
動的視野計

静的視野計
静的視野計

OCT(光干渉断層計)
OCT(光干渉断層計)

光学式眼軸長測定装置
光学式眼軸長測定装置